◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電

◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電



◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電ブログ:14/9/01


こんばんわっすー。

減量を行う場合、
食べる事制限をして
摂取カロリーを減らすわけですが…

中の食べる事の大原則として
炭水化物から減らすのではなく、
まずは、脂質を減らしていくことが鉄則です。

脂質はカロリーが高い栄養素。
1gのカロリー量が9キロカロリーもあるのです。

炭水化物とタンパク質は1g、4キロカロリーですので、
脂質は約2倍もカロリーが高いことになりますね。

食べる事のカロリーを減らして行く場合、
脂質をカットするためには、
揚げ物など、脂質の多い食べる事を摂らないようにしましょう!

これは減量の基本中の基本ですね。
でも出来ていない人が多いのですが…

毎日の食べる事から脂質をカットするだけで、
大抵の人が毎日500kcal以上も減らすことができ、
体重は徐々に落ちていくのです。

なので、減量中は、
まずは脂質からカットして、
摂取カロリーを減らしていくようにしましょう。

そして体重が落ちなくなったら、
そこで初めて、炭水化物の摂取量を300kcal程度減らします。

これで、また体重が落ちはじめ、
また体重が落ちなくなったら300kcal程度減らすようにして
摂取カロリーを徐々に減らしていく…

これが
減量中の理想的なカロリーの減らし方なのです。

ただし、
脂分でも良質の脂分は定期的に摂るようにしましょう。
良質な脂分とは、魚に含まれる脂肪分です。

魚の脂肪分は、
同じ脂質でも肉体に蓄積し難いという特徴を持っています。

特に鮭には
体脂肪減少効果のある脂肪酸が多く含まれているので、
減量にとっても役立つ食材なんですよ。

・・・と、書いてみるテスト
◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電

◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電

★メニュー

◆基礎知識:地球規模で環境問題に貢献できる
◆基礎知識:太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電
◆基礎知識:太陽光発電を導入するならセミナーに参加してみよう
◆基礎知識:節電効果のある太陽光発電
◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
◆基礎知識:太陽光発電における工事単価について
◆基礎知識:注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
◆基礎知識:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)皆が求めているのは太陽光発電での節電効果