◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電

◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電


◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電
最近注目されている太陽光発電にもまだまだいくつかの問題点があると言えます。
日常に使用することとなるエネルギー源で大きな問題となるのが、悪天候や夜間におきましては太陽光発電は使用する事が出来ないことなのです。太陽光発電は発電量が足りない時や夜間はいつも利用をしている電力会社から電気を購入する必要があります。
設置をすることによって生じてしまうデメリットはこれから改善されていくことになるとは思いますが、現在におきましては地球環境を考えたエコの一貫として設置をすると良いでしょう。
今の世の中に再生可能エネルギーは絶対に必要であり、多くのご家庭で太陽光発電の設置を検討していることでしょう。
太陽光発電の設置によって様々なメリットを実感することが出来るのです。太陽光発電は初期費用がまだ高いという事実は、設置を考えてしまう大きな要因となっていることでしょう。
また日中作られた電気を貯めておくことが不可能なのが太陽光発電で非常に残念な特徴なのです。





◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電ブログ:18/12/04

ボクのママは長男であるお父さんと結婚しました。
結婚して間もなく、お父さんの親と同居…

お父さん、ママ、
祖父母、お姉ちゃん、ボク、妹の7人の大家族でした。

祖父母、お父さん、ボクたちと食べ物の種類がいつも違うので、
ママは9時から晩まで
食事に追われていたことを覚えています。
時代が違うのもあるかもしれません…全て手作りでしたからね。

「長男の嫁は苦労する」
これがボクの大きなイメージでした。

親戚にも気を遣い過ぎていたほどのママ。
見てて痛々しくて、ボクたちは3人の女姉妹であるにも関わらず、
ほとんど親族には近寄ることはなく、
ママが一人であくせくしていたと思います。

あの時代に帰れたらもっともっと手伝いたかったなあと、
今では後悔することばかりですけれど…

「長男の嫁は苦労する」とは思いつつも、
ボクは一度目の結婚のとき、旦那は長男でした。
旦那のママは心からボクを歓迎してくれました。
今はそう思えます。

ところが、あのときのは猜疑心いっぱいで、
旦那の実家に行くことがとてもしんどくて嫌だったんです。

それにはじめてのお子様で男の子だったから、
とても家族に可愛がられていた分、
結構旦那は実家では自由きままだったんですよね。
それがうらやましくもあったと思います。

だけど
旦那との関係が悪化したとき、
旦那のママに散々責められてしまいました。

今考えると、旦那のママだって、
自分のむすこが不幸になると思ったら、
そりゃあボクのことをなじらずにはいられないだろうし、
お子様を思えばこそ、当然のことだろうと思えますが…

あの時は
「結局、お母さんは私を嫌いだったんだ!」
と、ボクの怒りが大爆発だったんです。

だから旦那のことも理解せず、
旦那のママの気持ちも考えず
そのまま離婚してしまいました。

◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電

◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電

★メニュー

◆基礎知識:地球規模で環境問題に貢献できる
◆基礎知識:太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電
◆基礎知識:太陽光発電を導入するならセミナーに参加してみよう
◆基礎知識:節電効果のある太陽光発電
◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
◆基礎知識:太陽光発電における工事単価について
◆基礎知識:注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
◆基礎知識:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)皆が求めているのは太陽光発電での節電効果