◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう

◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう


◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう
地方の自治体でも太陽光発電の助成金制度が実施されてきていますが、全ての自治体で実施をしているワケではありません。
国が実施している導入助成枠が埋まってしまったら、まずは自治体で利用可能な助成制度の有無を確認しましょう。国の助成金制度とは異なっており、太陽光発電システム以外にもエコキュートなども存在しています。
中にはその他の省エネ設備と同時に導入をしなければ助成金制度をもらうことの出来ない制度の自治体もあります。
これからの世界は恐ろしい原子力から卒業し、自然の力を最大限利用した電力事情が求められてくることでしょう。
人類の力では原子力の暴走を抑えることが不可能であることから太陽光発電の導入が加速しているのです。助成金制度について東京都では、助成金の申請というのは太陽光発電の工事が全て終了しシステムの稼働開始後と決められています。
このことからJ-PECへの申込で受理をされなかった時でも、自治体の助成金の申請をすることが出来る場合もあります。





◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しようブログ:19/6/24

わたくしたち人間の視力というのは、
常に一定にあるのではない。

赤ちゃんの時はぼんやりとしか見えず、
徐々に視力を上げていって、
5歳で子どもの視力は出来上がり、
12歳までは絶対に落ちないものである。

5歳までは視力が向上して行くので、
この期間中に過度の勉強などさせない方がいい。

子どもを外で遊ばせておけば、
自然と視力は
「2.0」以上になるものなのである。

ところが、
ほとんどの母たちは
子どもの視力に関しては全くの無知であるために、
子どもの視力が悪いとスグに眼科医に行ってしまい、
子どもに眼鏡をかけてさせてしまう…

子どもが眼鏡をかけると
体操量が激減して更に視力を落としてしまうし、
視力が悪いと頭も悪くなるものなのである。

加えて、
眼鏡のために頭蓋骨がいびつになり、
今度は歯に影響が出始め、
虫歯にもなりやすくなる。

一方、
日本には眼科医はいても、
視力を向上させる医者がいない。

日本の眼科は国民健康保険があるために、
先進国の中でも非常に遅れていて、
子どもの視力が落ちたら
「はい眼鏡!」ということになっている。

しかも、
子どもの目を取り巻く環境は年々悪化していて、
テレビの見過ぎ、パソコンの普及、体操不足、
ファストフードの常食化…など、
子どもの目が確実に悪くなる一方にある。

それゆえ小学生なのに
眼鏡をかけている子どもが多いし、
幼稚園児でも眼鏡をかけている子どもがいるのだ。

でも
子どもの近視は大人の近視とは違い、
少し改善措置を施せば簡単に視力回復できてしまう。

子どもは視力が落ちるのが早いが、
回復するのも早い。

子どもの近視は
「小児性仮性近視」と呼ぶべきであって、
その近視はあくまでも仮性であって、
特別な治療を施せば簡単に治るものなのである。

◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう

◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう

★メニュー

◆基礎知識:地球規模で環境問題に貢献できる
◆基礎知識:太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電
◆基礎知識:太陽光発電を導入するならセミナーに参加してみよう
◆基礎知識:節電効果のある太陽光発電
◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
◆基礎知識:太陽光発電における工事単価について
◆基礎知識:注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
◆基礎知識:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)皆が求めているのは太陽光発電での節電効果