◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査

◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査



◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査ブログ:14/4/11


みなさま
(○・∀-)ノ【゚・*:.。. ☆コンチャ☆

「低炭水化物ダイエット」ってかなり注目されていますし、
実践している人も多いみたいですね。

確かに過剰に炭水化物を摂取することは、
ダイエットにとっては、
決していい結果をもたらしてはくれません。

でも、
あまり極端に炭水化物の摂取をカットすることは
危険なんですよね。

特にミーたちの脳というのは、
ブドウ糖しかエネルギー源にすることができないといわれています。

ダイエット中は、
好きなおかしを我慢したりして、
よくイライラするという人がいますが…

もしかすると、
食事から炭水化物を極端にカットしたことで、
ブドウ糖が十分に脳にいきわたらずに、
イライラなどの感情を引き起こしていることも考えられるんですよね。

なので、炭水化物を適度にとることは
非常に大事なんです。

炭水化物については、もう一つ誤解があります。

それは、炭水化物として摂取したものは
すべて脂肪として貯蔵されるという誤解です。

確かに余分になった炭水化物については、
脂肪という形で体質の中に貯蔵されます。

しかし余らなければ、
脂肪として貯蔵されることはないんですよ!

特にトレーニングをした直後は、
炭水化物が脂肪になることは少ないでしょう。

トレーニングをした後に摂取された炭水化物については、
筋肉などに糖分という形で運ばれていくようです。

炭水化物を分解した糖分は
優先的に筋肉や肝臓に運ばれていくんだそうです。
トレーニングによって失われた糖分を補給するためです。
ですから、なかなか余分が出てこないんです!

適度なトレーニングをすれば、
脂肪という形で炭水化物が貯蔵されなくなるんです。

いくらダイエットとは言え、
炭水化物を目の敵にするのはよくないと思いますよ!

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)
◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査

◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査

★メニュー

◆基礎知識:地球規模で環境問題に貢献できる
◆基礎知識:太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電
◆基礎知識:太陽光発電を導入するならセミナーに参加してみよう
◆基礎知識:節電効果のある太陽光発電
◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
◆基礎知識:太陽光発電における工事単価について
◆基礎知識:注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
◆基礎知識:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)皆が求めているのは太陽光発電での節電効果