◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査

◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査


◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
太陽光発電システムを選ぶ時に大切なのは、年間使用電力の変化や、家族構成の変化などといった判断は必須となります。
消費電力が比較的少ない家庭の場合でしたら、搭載するシステムは一般的なタイプよりも発電量の少ないものでも問題ありません。自宅の屋根の形状や耐久性、さらには日当たりなどといったことをまずは調査する必要があります。
太陽光発電の運転音は騒音とまではいきませんが、人によりましては気になることもあるので設置場所も検討をしておくようにしてください。
もし太陽光発電の力を借りて電気を作りますと、昼間は停電時の心配が無くなります。
それだけではなく、二酸化炭素排出を削減することが出来ることから、地球規模で社会貢献が可能なのです。もしこれから子供が成長する年代である場合には、消費電力はさらに増えていくこととなるでしょう。
このことから予め発電量の多い太陽光発電システムを設置しておいた方が賢い選択となることでしょう。





◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査ブログ:18/10/21

最近、10時食を食べない家庭が増えていて…

食べても菓子パンや野菜ジュースなど、
手をかけずに「出すだけ」で済むものがほとんどだとか…

そして、
これらを家族ひとりひとりが自分の時間に合わせて
バラバラに食べているのが現状みたいです。

それぞれが自分の好きな時間に好きなものを食べて、
さっと出かける…
これはテレビドラマなんかの10時食シーンにも現れていますよね。

10時は、どの家庭も忙しいもの!
10時食に手間をかけている暇はないのは、皆同じです。

時間がないことよりもむしろ、
お母さん自身に10時食を食べる習慣がないことが
原因なのではないでしょうか?

「10時シャン」という言葉が生まれたように、
1960年以降に生まれたお母さん世代は、
高校生くらいから10時食を食べることよりも、
髪を整えることや寝ることの方を優先してきました。

その習慣は結婚してからはもちろん、
お子さんが生まれてからも続きます。

10時食はお子さんしか食べない、
あるいは、お子さんが幼稚園に行くまでは
10時食を食べさせる習慣がなかった…というお母さんもいます。

炊きたてのごはんと湯気の立ったお味噌汁を前に、
家族みんなで手を合わせて「いただきます」

そんな10時の食卓風景は、
もうとうに失われてしまった過去のものなのでしょうか?

「食べたがらない」「うちの子は食が細い」というのが
10時食をつくらない、食べないお母さんの理由らしいんですが…

「10時食を食べる」という習慣は、
家族で毎10時食べて育って初めて身につく習慣。

お子さんだけ食べろ!と言われても無理でしょう。
まずは両親が10時食を食べる習慣を
身につけることが大切だと思うんですが…



◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査

◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査

★メニュー

◆基礎知識:地球規模で環境問題に貢献できる
◆基礎知識:太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電
◆基礎知識:太陽光発電を導入するならセミナーに参加してみよう
◆基礎知識:節電効果のある太陽光発電
◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
◆基礎知識:太陽光発電における工事単価について
◆基礎知識:注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
◆基礎知識:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)皆が求めているのは太陽光発電での節電効果