◆基礎知識:太陽光発電を導入するならセミナーに参加してみよう

◆基礎知識:太陽光発電を導入するならセミナーに参加してみよう



◆基礎知識:太陽光発電を導入するならセミナーに参加してみようブログ:17/4/13


「寝る子は育つ」という言葉がありますが、
よく寝る子どもというのは、よく遊んでいる子どもの事だと、
あたくしは勝手に思っています。

あたくしにもまだ幼いやんちゃな子供がいますが、
休日に何かイベントがあって外出したりすると、
22時はよく眠りますが、
大雨が降り続いて、あまり外に出かけられないと
寝つきは本当に悪いです。

1歳や2歳の子供でもそうなのですから、
小学生レベルになると眠れない子供もいるのではないでしょうか?

健康を考えるなら、
よく遊び、社会の色々な刺激を受けて、
22時は疲れて寝る生活のほうが健康的だと思うんですが…

もう一つ、健康的に育つために
重要な役割を果たしてくれるのが食事ですよね。

近年、この食事で肥満になる子どもが増えています。
確かに一昔前と違って、
24時間開いているレストランやコンビニのおかげで、
腹が空きすぎて動けないなんて事はなくなりました。

24時間3食の時代から、
24時間に何食も、それも間食つきで…
という時代になってしまった事も事実です。

あたくしが住んでいるマンションの住人に、小学生の兄弟がいるのですが、
日々22時おそく、向かいにあるコンビニに行って
スナック菓子を買っています。

弟に頼まれているのかと聞いてみたところ、
自分で食べるとの事でした。
やはりその子どもは肥満体型をしています。

子どもの肥満には食生活が大きく関係しています。
乱れた食生活では肥満になって当たり前です。

また、自分で食事を選ぶことの少ない子どもの肥満を改善するには、
弟の力が大きく関係しています。

可愛さと甘さは紙一重で、
肥満を気にするまで食べさせてしまうのは、弟の甘さです。
良かれと思ってやった事も、
結局つらい思いをするのは、弟ではなく子どもなのです。

◆基礎知識:太陽光発電を導入するならセミナーに参加してみよう

◆基礎知識:太陽光発電を導入するならセミナーに参加してみよう

★メニュー

◆基礎知識:地球規模で環境問題に貢献できる
◆基礎知識:太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電
◆基礎知識:太陽光発電を導入するならセミナーに参加してみよう
◆基礎知識:節電効果のある太陽光発電
◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
◆基礎知識:太陽光発電における工事単価について
◆基礎知識:注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
◆基礎知識:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)皆が求めているのは太陽光発電での節電効果