◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう

地方の自治体でも太陽光発電の助成金制度が実施されてきていますが、全ての自治体で実施をしているワケではありません。
国が実施している導入助成枠が埋まってしまったら、まずは自治体で利用可能な助成制度の有無を確認しましょう。国の助成金制度とは異なっており、太陽光発電システム以外にもエコキュートなども存在しています。
中にはその他の省エネ設備と同時に導入をしなければ助成金制度をもらうことの出来ない制度の自治体もあります。
これからの世界は恐ろしい原子力から卒業し、自然の力を最大限利用した電力事情が求められてくることでしょう。
人類の力では原子力の暴走を抑えることが不可能であることから太陽光発電の導入が加速しているのです。助成金制度について東京都では、助成金の申請というのは太陽光発電の工事が全て終了しシステムの稼働開始後と決められています。
このことからJ-PECへの申込で受理をされなかった時でも、自治体の助成金の申請をすることが出来る場合もあります。

 





脱毛 心斎橋はここへ
URL:http://datumou-chihou.com/osaka/
脱毛 心斎橋


◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しようブログ:19/5/21

グッドイブニング^^

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装したお子様たちが
「Trick or treat?(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のお菓子メーカーが放っておくわけもありませんでした。

チョコやクッキーのように
限定したお菓子ではなく、
お菓子という括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

ショートケーキはもちろんのこと、
お煎餅や和菓子までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りやトレーニング会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

お子様たちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
アメリカではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もお菓子もその言葉だけで
お子様たちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

とっぴんぱらりのぷう

ホーム サイトマップ