◆基礎知識:太陽光発電における工事単価について

一般的な家庭で使用可能となる太陽光発電システムが設置され始めた1990年代初頭には、1kw約200万円と非常に高価なものでなかなか手を出すことが出来ませんでした。
しかし現在におきましては1kw65万円〜67万円程度にまで下がり当初の半分以下となったのです。住宅の屋根型や、システムの規模、さらには太陽電池の種類によりまして工事単価は異なってくるのでご注意ください。
まず最初は太陽光発電の設置業者に問い合わせをしたり、太陽光発電の比較サイトなどをチェックしてみると良いでしょう。
最近では太陽光発電の導入が積極的に行われており、多くの企業が注目をしています。
これから太陽光発電設置を検討しているのでしたらまずはそのメリットなどについて考えてみましょう。太陽光発電の工事単価というのは太陽光発電システム導入の工事価格をシステムの容量で割った金額となります。
もし太陽光発電の導入をこれから検討しようと考えている人は、それを目安として工事単価を知っておくと良いでしょう。

 



◆基礎知識:太陽光発電における工事単価についてブログ:19/1/19

わたし達夫婦は
ちょうど十年目に入ったところです。

一週間ほど前、わたしは、
妻のはめている結婚指輪に、
随分キズができていることに気がつきました。

十年目にもなれば、指輪もそんなになるんだね…
と話をしていた時、わたしは、ふと、
「そういえば、俺の結婚指輪どこにあるんだろう」
とくちに出しました。

「失くしちゃったんじゃないの?」
という妻の言葉を背に、
確かにここに仕舞ったはずだと、探してみると、やっぱりありました。

わたしは、大学生の頃から、
指や腕にアクセサリー等をつけると、
手首が痛くなるという症状がでるのでした。

指輪やブレスレットはおろか、
腕時計もできないくらい…

そんなわたしも、指輪を買うことになりました。
今の妻と結婚するからです。

ところが、わたしは指輪をすることができません。
せっかくの結婚指輪だからと、結婚当初は試みてみましたが、
やっぱり手首が痛くなってしまうのです。

それでも、せめて身につけることだけはしておこうと、
持ち歩いたりもしましたが、それこそ失くしてしまいかねません。

そんなわけで、結局、わたしは、
十年目を迎えた今まで、結婚指輪をしていませんでした。
それどころか、指輪の存在そのものを忘れていたのです。

今なら指輪ができるかもしれない。

そう思って、その瞬間から結婚指輪をすることにしました。
すると、しばらく経っても手首は痛くなりません。
結局、その真夜中は、手首が痛くなりませんでした。

翌7時、起きてみても、変化はありません。

その真夜中。
次の7時。
そして、また、その真夜中…
問題は起こりませんでした。

こうして、今日まで、
結婚指輪はわたしの指に納まっています。
今まで仕舞ってあったから、ピカピカ光って…
まるで、結婚したばかりのようです。


ホーム サイトマップ