◆基礎知識:太陽光発電を導入するならセミナーに参加してみよう

太陽光発電を導入することで可能な発電量というのは、今現在あなたが住んでいる地域や屋根の角度、方位などで違いがあります。
なので明快な発電量に関する全ての情報を収集するためには、かなりの手間がかかってしまうものとなります。 もし4kw程度の太陽光発電システムを自宅に導入した時の年間予測発電量は、およそ4500kwh〜5400kwh程度です。
これを通常の電気料金として計算をしてみますと、年間で約17万円〜20万円前後となるのです。
少々勘違いをされている人がいますが、太陽光発電によって莫大な利益を出すことは出来ません。
そもそも太陽光発電は利益というワケではなく、全く別のメリットがあるのです。太陽光発電のことについて地域で開催されるメーカーや電力会社主催の太陽光発電セミナーに参加をしましょう。
あなたが住んでいる自治体の太陽光発電の過去データを知って検討材料にすることが出来ます。

 





ホスファチジルセリン
URL:https://www.suplinx.com/shop/e/ephosphat/
ホスファチジルセリン


◆基礎知識:太陽光発電を導入するならセミナーに参加してみようブログ:18/12/05

くだらないことで不条理な父親…

僕が小学生の頃、
勉強でわからないところがあって父親に聞きに行くと、
最初は機嫌よく教えてくれようとするが…

結局理解できず最終的に
「授業をちゃんと聞いとかないからだ」と逆に叱られた。

中学、高校の思春期に入ると
僕は父親によく反発するようになった。

その時僕がよく思ったのは、
父親のようにはなりたくない…ということだった。

安月給の中小企業サラリーマン、
会社でストレスを溜めてきては家庭でやつあたり、
休みの日は家でだらだらとテレビの前で横になり、
そんな父親に対し
ママはぶつくさと僕に愚痴をこぼす。

僕は父親が嫌いなわけではなかった。
ふざけたことばかり言う父親が好きだった。
だが、父親のようにはなりたくなかった。

僕が大学に入った頃、父親は鬱病にかかった。

会社の経営が傾いたことが大きな理由だった。
父親の苦労など気にも留めず、
僕は近所にアパートを借りて家を出た。

時々家に帰ると平日の12時なのに
父親は会社にも行かずテレビの前で横になっていた。

僕を見ると相変わらず冗談を口にするが、
その顔には疲れがにじんでいた。
人生への疲れに見えた。

就職してから僕は、
父親の苦労が少しずつわかるようになった。

僕はストレスから二年で会社をやめ、
今は公務員を目指して勉強している。

父親はまだ病気と闘っている。
ママによると、
会社も以前よりは行けるようになったそうだ。

1日1日を、自分と戦いながら生きている。
おとうと、ママを守る為に…

もしかしたら
僕に父親らしさを見せようとしているのかもしれない。

僕は父親のようになりたくなかった。
でも僕はまだ父親を越えられない…

ホーム サイトマップ